多くの人を引き付けるブランドの魅力

多くの人を引き付けるブランドの魅力

良いものを長く使う

有名なヴィトンのデザインは日本の家紋からヒントを得たそうです。
そういわれてみれば、家紋によく似ています。
日本で昔からあるもので現代でも素敵に見えるものはたくさんあります。
温故知新というように古代の人々の美的センスは時代を超えて評価されています。
優れたものは時間がたっても決して色褪せないのです。
エジプトの壁画のデザインはいまでも様々な装飾品にとり入れられています。
同じように現代のブランド品の魅力の一つは長く使っても飽きが来ない事にあります。
安物はなぜあんなにすぐにあきるのだろうと不思議に思います。
買う時はたいてい、素敵だと思ってかうのですが1年もたつともうつかいたくありません。
その点ブランド物は何年、何十年使ってもあきることがありません。
そしてとても丈夫です。
日本は修理屋さんが少ないので、カバンが壊れたらもうつかうことができません。
使い捨ての時代なのです。
アクセサリーも同様です。
女性のアクセサリーブランドは無数にあります。
ノーブランドでも素敵なものもたくさんあります。
しかし最初の何年かはつけてもしばらくすると、チェーンが絡まって引き出しの中でほったらかしにされています。
でもティファニーのネックレスはちがいます。
つけるだけでパッと明るくなったような気がするのです。
そして何年使ってもあきることがありません。
ブランドには本当に不思議な魅力があると思います。
そう考えると買う時は多少高くても損はしないと思います。